保健医療制度論

テスト問題

2014/3

旧カリキュラムの試験
1.日本の医療保険制度(年齢別の自己負担率)
  ( )が8つあり、そこを埋める。
2.公的医療保険(被用者保険、地域保険について)
  ( )が7つあり、そこを埋める。正式名称でも略称でも可でした。
3.療養の給付、保険者の意味について簡潔に説明する。
  (本当、一言で述べよくらいの( )の大きさです。)
4.診療報酬支払いのしくみ(ステークホルダー)
5.診療報酬制度について (正しいものを1つ選ぶ)
6.診療報酬項目について (正しいものを1つ選ぶ)
7.保健医療専門職について (正しいもの選ぶ、複数回答可)
8.地域医療支援病院、在宅療養支援診療所(病院)の機能と役割についての説明
  (ここの( )枠はそこそこ大きかったです。)
9.医療圏と医療計画について (正しいものを1つ選ぶ。)
10.H22年度国民医療費について (正しいものを1つ選ぶ。)
11.患者の権利(インフォームド・コンセントについて) (正しいものを1つ選ぶ。)
12.高額療養費支給制度について (正しいものを選ぶ、複数回答可)
13.自己負担額の計算
  (公式が提示されているので、そこから計算する。)

新カリキュラムの試験
論述形式
1.医療ソーシャルワーカーの業務指針構成
2.診療報酬と社会福祉士について
3.インフォームドコンセントについて

2014.6.29 ペガサス
私は新カリですが、旧カリと新カリ別間問題となっていましたが、科目番号で試験問題取ったら、旧カリ問題でした。
論述対策しかしていなかったので、再試決定です。 私が間違えたか、問題が統一したのか?わかりませんが、両対策がよろしいかと思います。

2014/6/30
病院の役割の違いを述べる問題が「地域支援病院」と「特定機能病院」についてです。
また、最後の自己負担率の計算は高額療養費に関してのものです。

2014/8
過去問と同じです。
問題数が多く、しっかり暗記しないと難しいです

2017/8
問題数は全部で50問
うち45問は、文章中の( )に、語群の中から正しい語句を入れる問題、
残り5問は国家試験のような選択問題、自己負担額の計算、でした。
福祉元年や国民皆保険に関する年号、患者の権利章典、医療施設の病床数、国民医療費の内訳など、細かな数値まで覚える必要があります。
また、語群の中には似たような言葉があるので、語句も正しく覚えておく必要があります。
出題範囲としては、過去の問題と同じ範囲からの出題が多かったです。


レポート


  • 最終更新:2017-08-21 11:35:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード