犯罪心理学

テスト問題

毎回変わります。
2012/2
1.簡潔に説明する。(50点)(回答欄狭い )
(1)筆跡鑑定
(2)犯罪者プロファイリング
(3)無秩序型性的殺人
(4)特別少年院
(5)トルネード仮説

2.穴埋め問題 (20点)
少年法第3条
( )を犯した少年
( )歳に満たないで刑罰法令に( )行為をした少年
その性格または( )に照らして、将来、罪を犯し、または刑罰法令に触れる( )のある少年
保護者の正当な( )に服しない少年
正当な理由なく家に( )ないこと
犯罪性のある人もしくは( )に人と交際し、または( )場所に出入りすること
自己または他人の( )を害する行為をする性癖のあること。

3.論述 (30点)
ラべリング理論

2012/3
1.説明する。(各10点で合計50点)
(1)ポリグラフ検査
(2)FBI
(3)保護司
(4)矯正施設
(5)漂流理論
2.少年鑑別所で用いられるテストについての穴埋め問題(各5点て合計20点)
  テストの名称を英略で覚えておくとよいでしょう。
3.犯罪心理学における臨床心理学的アプローチについて述べよ(30点)



レポート


  • 最終更新:2014-09-04 17:33:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード