社会福祉援助技術総論Ⅱ

テスト問題

2012/1
1・・・倫理網領の前文(番号を下から選ぶ)
2・・・国家試験問題(〇×)
国家試験問題は、中央法規の「一問一答+α(アルファ)」(専門科目編)で勉強すると良いです。そこから問題が出ました。「相談援助の基盤と専門職」「相談援助の理論と方法」の両方勉強したほうがいいです。ちなみに私は一問一答+α 2011年版で勉強しました。 

2012/7
問題用紙2枚 解答用紙1枚
問題数50問

社会福祉士の倫理綱領前文の穴埋め問題 15問 語句の記号を記入
国家試験問題 35問 ○×式 (事例問題はありませんでした。)

2012/7
全部で50問、記述なしでした。
穴埋め問題は全部で15問でした。 社会福祉士の前記網領文とソーシャルワークの定義ま 
○×35問(覚えている範囲で) 第19回の11、16、19、85、121、143、第20回の113、第21回の6、18、29、112、116、119、第23回の89から抜粋

2014/3
「社会福祉士の倫理綱領 前文」の穴埋めは、尊厳、価値、社会正義、質の高い、自己実現、社会変動、人間疎外、国際ソーシャルワーカー連盟、ウェルビーイング、エンパワーメント、社会システム、環境、倫理性、社会全体の利益、専門職団体、だったと思います。

2014/3
国家試験問題、中央法規の「一問一答+α(アルファ)」(専門科目編)で勉強しました。「相談援助の基盤と専門職」「相談援助の理論と方法」の両方勉強。
しかし、全部で一問一答307問、国試形式60問。一夜漬けでは厳しかったので……。余裕をもって行うと良いです。

2014/7
過去問と同じです

2017/7
過去問と同じでした


レポート


  • 最終更新:2017-07-23 18:28:49

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード